敷金礼金はないほうがいい?

敷金礼金と聞いて、何を思いますか?
敷金礼金があるから、引越したくても、なかなか引越せないんだよ。
家賃とは別に、その何倍もの敷金礼金を契約時に一括して払うとなると、何十万から100万近い一時金が必要になる。
敷金礼金は、新しい住まいを借りる際のネックだ。
最近は、敷金礼金ゼロの物件なんていうのも増えてきて、借りやすくなっている傾向もあります。
私も敷金礼金が高い物件は敬遠しますし、できるだけ、礼金の少ない物件を探しています。
敷金は1ヶ月~2ヶ月なら支払ってもいいと考えています。
それは、敷金と礼金はその機能が異なるからです。
礼金は、大家さんへのお礼というのか慣習的な意味もあって支払われ、戻ってくることはありません。
しかし、敷金は、万が一、家賃を滞納するような事態になった時は、敷金から充当されたり、部屋を出ていくときに、自分の故意・過失などで、部屋を汚したり、損傷した場合、賠償金を払う代わりに、敷金で損害を補うことができるからです。
事前に支払をしておくことで、いざ、失業などして家賃が払えなくなっても、敷金の充当で1ヶ月、2ヶ月は置いてもらうことができます。
その間に、仕事を探して、ちゃんと家賃が払えるようになるかもしれない。
また、部屋を出ていくときに、大きな賠償金を請求されるより、事前に支払っていた敷金で精算してもらったほうが、助かる場合もある。
もちろん、家賃の滞納や、通常の使用の範囲の汚れ等で済んでいれば、退室時に、敷金は全額、返還されます。
大家さんにとって、賃借人の万が一を担保するものであると同時に、賃借人にとっても、自分の不利を補ってくれるものでもあります。
大家さんと賃借人の信頼関係を繋ぐ役割を果たすとも言えるので、敷金はゼロでなくても、納得できるんです。
一番嫌なのは、敷金ゼロ、礼金2ヶ月とかですね。
大家さんに払うばかりで、自分の万が一が担保されていない。
お金を多く払うのが嫌だ、という観点だけでなく、その費用が何に充てられるものなのか、どういう役割を果たしているのかも考えて、物件選びをしたいですね。