チラシについて

家庭には、毎日様々チラシが届けられていると思われます。
買い物の判断材料として、チラシやパンフレットを利用される方々も
おられることだと思います。
ただ、近代においてアナログ媒体のチラシは
どの程度、効力を持つことが出来るのか?その疑問が生じる時代になっている向きもあります。
単純に商品の画像・値段・スペックを記載しているだけのチラシでは、
もはやインターネットショッピングorインターネット上の情報サイトには
勝てない見込みが強いとされています。
また消費者から不満に思われるチラシの特徴としては、
「安売りではない定価商品が羅列されただけのもの」、「割引条件を意図的に隠した(小さくした)もの」
等があげられており、チラシを製作する人々には、当然ですが、消費者に不快感を与えない
紙面作りが、自ずと求められている事だと思われます。
いかにアナログ媒体のチラシで、効率的なマーケティング活動を行うか、
企業にとっては、ちょっとした死活問題とも考えられます。